家族、くらし

生活習慣でコロナに打ち勝とう! 免疫力アップ生活のすすめ

更新日:

新型コロナウイルスとはしばらくの間、

戦っていかねばならないかもしれません。

決定的なワクチンが出来るまで、皆さん一人一人が、

自分の免疫力を最大限に高めておくことで、

ウイルスを寄せ付けない体調を維持しましょう。

食事

「菌活」で免疫力アップ?

「菌活」で免疫力アップ!キノコが異例の品薄

コロナで需要増えスーパーでは引っ張りだこ

東洋経済オンライン
https://toyokeizai.net/articles/-/346500

善玉菌を取り入れることで、腸内環境を整えて、免疫力を高めることを

意識している人が増えているということですね。

もともと、日本人は4分の1程度の人が便秘で悩んでいるということもあり、

腸内環境からくる肌荒れや疲労に対して、キノコや納豆、ヨーグルト、果物など

腸に良い菌を取り入れる、「菌活」なるものがあったようです。

これらの食材は、たくさん食べてもカロリーも高くないし、太りにくく、

特にキノコ類は百円程度で安価に手に入るものも多いので、

手軽に食事に取り入れることが可能ですね。

近所のスーパーでも品薄になってますね。

良質なたんぱく質

良質なたんぱく質で、粘膜や皮膚、免疫細胞などが

パワーアップできるそうです。

たんぱく質は水分に次いで二番目に多く体をつくっている構成成分なので、

良いものをしっかりとることが大事です。

お肉、魚介類、たまご、乳製品、大豆などに含まれているようです。

ビタミン

ビタミンAは、粘膜を丈夫にし、免疫力を高める働きがあります。

野菜にはカロチンの形で含まれ、体内で必要に応じてビタミンAに

変換されます。ビタミンAを多く含む食材としては、

レバー、うなぎ、卵、にんじん、小松菜、にら、ほうれんそう

などがあります。

ビタミンCは細胞を保つためにを必要なビタミンです。

免疫機能を高めたり、抵抗力がつきます。

特にタバコを吸う人、ストレスの多い人は多めに摂った方が良いようですね。

柿、ブロッコリー、小松菜、いちご、カリフラワーなどに含まれます。

ビタミンEは、血行をよくしたり、血管壁を丈夫に保つ働きがあり、

細胞の酸化を防ぐので、老化防止にも有効です。

うなぎ、かぼちゃ、アーモンド、ほうれん草、アボカドなどに含まれます。

睡眠

細菌やウィルスに対する免疫力は、睡眠中に維持・強化されているそうです。

睡眠時間が減れば、疲労回復力も低下してしまいます。

睡眠不足が続くと風邪を引きやすくなるので、この時期はしっかり睡眠をとり

免疫力を高めましょう。

ストレス解消

大きく、長く続くストレスは、色々な面で健康に悪影響を及ぼすそうです。

ストレスが過度になれば自律神経のバランスが崩れ

自律神経失調症や心身症、神経症といった

心理的・身体的症状があらわれるようになります。

まずストレスの原因から遠ざかることが大事です。

そして、しっかり休んでよく食べて良く寝て、よく笑うこと

リラックスすることが重要ということです。

適度な運動

免疫力を高めるのに効果バツグンなのが運動です。

筋肉を動かすことで、血行がよくなる。

また疲労物質を取り除くために、体は筋肉に血液を送りこむので

ますます代謝がよくなるということです。

お勧めは軽い体操や、ウオーキング、ラジオ体操など。

仕事の合間や夜寝る前などに、少しでも体を動かす習慣がつけば、

免疫力を高め、ストレスを跳ね返す力をつけてくれるようです。

まとめ

新型コロナウイルス対策として、免疫力アップの取組として、

食事は、キノコやヨーグルトなどの「菌活」を心掛け、

良質なたんぱく質、ビタミンA、C、Eをしっかりとり、

バランスよい食事と、十分な睡眠をとり、ストレスをためないように、

適度な運動を取り入れましょう。

-家族、くらし

Copyright© yu16sanブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.