気象と健康

2020年の夏は異常気象だったのか?

投稿日:

2020年の夏を振り返る

2020年の夏は、新型コロナ禍からの

長い梅雨で、豪雨災害なども起こり、

そこからの猛暑で、厳しい気候だったと

印象に残っています。

少しずつ涼しくなり、季節の変わり目に

なりましたが、この夏の気候を振り返ってみましょう。

北半球は史上最も暑い夏に

https://news.yahoo.co.jp/articles/194469b487160b7c0bb397be1005d9aeac67033a

ヤフージャパンニュース 北半球はこの夏、史上最も暑かった WMOとNOAAが発表


まず北半球については、

世界気象機関(WMO)と米海洋大気局(NOAA)が

観測史上最も暑い夏だったと認めています。

今年6~8月の北半球の気温が20世紀の平均を

1.17℃上回ったそうです。1.17℃というと大したことが

無さそうに思えるかもしれませんが、地球規模で全体で

上がっていることを考えると、小さくは無いように思えます。

日本の今夏は?

そして、以前このブログでもお伝えしたように、

日本でも最高気温の記録更新が相次ぎました。

静岡県浜松市の41.1℃など、この夏

日本の最高気温が更新されました。

自分もしばらくの間、昼も夜もエアコンを

ずっとつけっぱなしでいたことを思い出します。

こういった厳しい暑さが、地球規模で

厳しくなっていこうとしていることは、

とても恐ろしいことです。

何とかしなければなりません。

地球温暖化とセットで語られるのが、

森林伐採ですが、いわゆる温室効果ガス、CO2を

吸収してくれる役割の森林がどんどん減っている

ことが危惧されています。

そんな中、米国の大規模森林火災が連日のように

報道されていました。

米国の大規模な森林火災

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63893240W0A910C2000000/

日本経済新聞 世界の大気汚染、米西海岸が最も深刻に 山火事で

スイスの空気清浄機メーカー、IQエアーの調べで、

大気汚染の指数が100を超えると健康被害の

可能性が高まるといわれる中で、

9月15日正午時点でトップはポートランドの指数(276)。

2位はカナダのバンクーバーの指数(164)。

4位にワシントン州シアトルの指数(157)が入り、

5位に入ったインドのデリーや、

15位の中国・上海を上回ったということです。

ちなみに2019年の平均ではインド、中国、パキスタン

の都市がトップ10を占めていたので、

米国西海岸、ひいてはカナダのバンクーバーまでが、

それらを上回る大気汚染の被害にあっているということです。

米トランプ大統領は、山火事と地球温暖化の

関連を認めていないようですが、

地球温暖化が山火事の被害を甚大化している

という指摘もあり、煙で日光が遮られ、

一面オレンジ色の空模様という異様な光景は

とても恐ろしいインパクトがありました。

カリフォルニア州各地での山火事では、あわせて1万2700㎢以上、

東京都のおよそ5.8倍の面積が焼失したというから

その被害の大きさがうかがい知れます。

南半球でも

また、南半球のオーストラリアでも

温暖化の影響が取り上げられています。

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200924/mcb2009241500023-n1.htm

サンケイビズ 道路が溶ける話題が定番に…熱波がシドニー居住難に拍車

記事によるとシドニーの西側の郊外では

夏になると50℃にせまる暑さになり、

道路が溶けてしまうほどだということです。

人口が増えていくことが予測されるシドニーで

その西側エリアを有効に活用したいのに、

夏場は暑くて人が住める環境ではないという問題が

これから顕在化してくるかもしれないことが指摘されています。

負のスパイラルを加速させないように

他にも、北極圏の永久凍土が溶けだしたり、

地球温暖化の影響と思われる事象は、

地球のあちこちで起こっています。

気温が上がることによって、山火事や永久凍土溶解などを

起こし、そのことが更なる地球環境悪化を引き起こしてしまうという

負のスパイラルを引き起こしているようにも思えます。

個人にやれることは限られていますが、

少しでもこういった環境悪化を抑制できるように

意識を持つことだけはしていきたいです。

一休高級ホテル・旅館が最大60%OFF!

まとめ

2020年夏の気象を気になるニュースから総括してみました。

北半球は、史上最も暑い夏となり、

日本の各地でも最高気温を更新するという

猛暑になりました。

そして米国の大規模な森林火災は大気汚染を引き起こし、

東京都の5.8倍もの面積を焼失しました。

南半球のオーストラリアでも夏に道路が溶けてしまう

話題が定番化し、地球温暖化の影響と思われる

異常気象というか、自然災害の例は

地球のあちこちで起きています。

地球温暖化が自然災害を生み、

それがまた地球環境を悪化させるという

負のスパイラルを加速させないよう、

環境問題への意識を高めていきたいと思います。

-気象と健康

Copyright© yu16sanブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.