家族、くらし 気象と健康

加湿のススメ

投稿日:

新型コロナウイルスの感染対策として、

すでに手洗いやうがいの徹底がなされ、

外出時のマスクもかなり浸透しています。

「三密」ということばも流行語大賞にまでなり、

人々の生活習慣がガラリと変わった2020年だったと

思います。

手洗い、うがいのその次は?

そして季節は、寒くて乾燥する冬になりました。

NHKのあさイチで特集された

冬の感染症対策SPでは、「加湿」の重要性を

分かりやすく解説されていました。

https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/201202/1.html

NHKあさイチ 特集「最新科学で見えた!冬の感染症対策SP」

番組の説明によると、新型コロナの

感染経路の中心は、「飛沫感染」であり、

手洗い・消毒対策とともに、

細かい飛沫への対策が重要であるということです。

飛沫対策として、「加湿」による

感染予防が有力であるということです。


超音波加湿器 次亜塩素酸水対応 タワー型 おしゃれ 送料無料 超音波式加湿器 アロマ加湿器 卓上 オフィス 大容量 小型 コンパクト タッチセンサー 自動停止機能 LEDライト付き 静音 省エネ 節電 エコ

加湿のダブル効果とは?

「加湿」することで何が感染対策になるかというと、

  • 人の身体の防御力が高められることと、
  • 空気中に浮遊する飛沫の量を減らせる

という、二つの効果があるということです。

具体的に説明しますと、

人の身体の防御力というのは、のどの奥にある

「線毛(せんもう)」という毛のような組織が、

湿度を40~60%に保った環境だと働きが良くなり、

ウイルスが体内に入っても、身体の外に押し出しやすく

なるということです。

乾燥すると、鼻やのどの粘膜が傷つきやすくなると

よく言いますが、それと似たようなことで、

線毛の働きにも湿度が影響するということですね。

また、飛沫の浮遊する様子は、

理化学研究所のスーパーコンピューター

「富岳」のシミュレーションで報道されて

いるように、湿度30%の乾燥した状態よりも

湿度60%の時の方が、空気中にある細かい飛沫の量を

だいぶ減らせることが分かっています。

また、「加湿」はインフルエンザの予防にも

効果的といわれており、冬の環境整理には

欠かせません。


交換用フィルター ミスティガーデン2nd 交換用フィルター エコロジー加湿器 卓上 ミスティーガーデン2nd ◆メール便配送◆

湿度を上げるコツ

しかし、乾燥する冬場に湿度を上げるのは

なかなか簡単ではありません。

実は、室内には意外に多くのすき間があり、

そこから湿気が逃げてしまうようです。

それも番組で、対策を教えてくれました。

小さなすき間をふさいで、一時的に集中して加湿することで

空気中や壁、家具など部屋全体に湿気が含まれるので

少し換気しても、窓を閉めればまた湿度が元通りに戻って

くるということです。

すき間をふさぐというのは、例えば

ドアの下にタオルをしく、

間仕切りやふすまの間に折りたたんだ新聞紙をつめる、

使ってないコンセントの穴は、

専用キャップを買ってきてふさぐ。

といった工夫です。

定期的な換気も忘れずにしましょう。

あくまで湿度40~60%程度に

ほどほどにコントロールできたら

それ以上過剰に湿度を上げるのは逆効果です。

結露やカビの原因になってしまいますので

気をつけましょう。


温湿度計 高精度 エンペックス アナログ 日本製 置き型 高精度UD温・湿度計 EX-2831

湿度管理が重要

加湿がうまくいっているかどうか、

どこまで加湿するべきか、過剰にならないように

環境をコントロールすることがとても重要です。

湿度管理には、湿度を知りたい場所に

湿度計を設置して管理するのがおすすめです。

自分の場合は、針で温度と湿度を示す

タイプで、温度と湿度の最適な目安が

それぞれ別々に分かるものが使いやすいと感じました。

電池などが不要とのことで、ずっと使い続け

られるのがお買い得だと思いました。


温湿度計 エンペックス アナログ 日本製 食中毒注意 置き型 生活管理温・湿度計 TM-2401

加湿器は部屋の広さなどに応じて

まんべんなく加湿したいならば、

2台、3台とあってもいいかもしれません。

あらためてマスクの効果

番組では、マスクを正しくつけていれば、

身体に入ってくるウイルスの量を減らせるので、

感染しても無症状で済む確率が上がったり、

免疫も獲得しやすくなるようです。

マスクは、まわりに感染させないためにつけていましたが、

自分の感染対策にも有効だということですね。

やはり、面倒くさがらず、几帳面に

感染対策の基本を継続することが大事ですね。


【3日以内発送】マスク 1箱 在庫あり 50枚 使い捨てマスク 不織布マスク 高性能マスク 高性能フィルター 花粉ガード 抗菌 抗カビ ニオイカット レギュラーサイズ 50枚即納 大人

ビタミンDも

また、免疫の働きを良くすることで、

重症化リスクを下げることも期待されているのが

「ビタミンD 」です。

主に、キノコ類や青魚に豊富に含まれるようです。

キノコ類などの菌類を摂取することで

代謝を促し、免疫力を高めたりと

良いことばかりの「菌活」というのが話題になりましたが、

身体の内側からも、

風邪に負けない身体づくりをしていきましょう。


【店内P最大16倍以上&300pt開催】ビタミン11種類を1粒に 【DHC直販】 サプリメント サプリ ビタミン マルチビタミン 徳用90日分 | dhc 健康食品 ビオチン ビタミンd ビタミンc 女性 レシチン 男性 ビタミンb ディーエイチシー 健康 ビタミンサプリメント 栄養 ヘルスケア

まとめ

冬の感染症対策として、手洗い・消毒と同時に

「加湿」が細かい飛沫対策に有効だと、

NHKの番組「あさイチ」で取り上げられていました。

湿度を40~60%に加湿することで、

身体のバリア機能を高め、空中に浮遊する飛沫の

量を減らすことで、感染予防対策に有力である

ということで、しっかり加湿していきましょう。

室内の小さなすき間をふさいで、一気に集中して

加湿すれば、乾燥する冬も湿度が上げやすいという

コツも紹介されています。

加湿の効果や限度を見るためにも

湿度計で湿度管理をしましょう。

あらためてマスクの正しい着用が有効である

ということ、ビタミンDで免疫力を高めることも

大事であるということです。

新型コロナの感染者数が増えていて、心配では

ありますが、やれることをやった上で、

あとはストレスをためないように

過ごしたいものです。

-家族、くらし, 気象と健康

Copyright© yu16sanブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.