家族、くらし

これでいいのか、東京五輪

投稿日:

今は緊急事態宣言の真っただ中

東京オリンピック・パラリンピックの

開催都市である東京都では、緊急事態宣言が

6月20日まで延長されました。

この緊急事態宣言下での飲食店などへの

自粛要請について、映画館やデパ地下以外の

百貨店売り場など、営業自粛要請だったのが、

時短要請に一部切り替わったものの、

飲食店は相変わらずお酒の提供ができない

状況が続きます。

これらの、人流を防ぐための厳しい要請の

裏には、その先にある東京オリンピックの

存在がどうしても見え隠れしています。

ワクチンの交渉もうまくいかず、他国から

大きく遅れをとりながら、不要不急の

行動自粛のお願いだけで、ここまで感染拡大

への対策をしてきた日本ですが、

もはやなし崩し的にオリンピック開催に

向けての動きがズルズルと始まり、

喜んでいいのか悪いのか、スッキリしない

気持ちでいます。

話題の商品がお得に試せる【サンプル百貨店】

もはや開催以外は見えない?

さらに、IOCのディック・パウンド委員の、

「菅首相が中止を求めても、大会は開催される」

という、話題になった発言にあるように、

中止の選択肢などはもうありませんと

言うばかりに、開催に向け一直線という

感じです。確かに、東京オリンピック・

パラリンピックの「開催都市契約」については、

どう転んでも主催者であるIOCが損をしない

ような契約になっており、それはまあ

オリンピック誘致合戦の当時は、自国に誘致する

ことだけに必死になっていますから、

まさかパンデミックで中止の可能性が出てくる

などという万が一の、さらに万が一の可能性に対して

考えを及ばせるなどできなかったでしょう。

むしろ、どんな契約内容だろうが、東京に誘致

できるならば、メリットのが大きいだろうから、

何でも来い、いくらでも契約しますよ、という

スタンスだったのでしょう。

IOCにしても、米国放送局NBCから

先々の大会の分までオリンピック・パラリンピック

の放映権料がすでに支払われているとか

いいますので、もらってしまった分の

大会は何としてもやらなければと、

必死なのかもしれません。

IOCはそんなに偉いのか

それにしても、いくら契約上そうであっても、

開催国の首相が中止したいと言ってもまったく

取り合わないといった姿勢は、かなり高圧的で

多くの日本人から反感を買っているようです。

菅首相は全てを最初から知っていたのでしょうか?

自分にできるのは、せいぜいお願いベースで

人流を抑えて、感染拡大をなるべく抑えること

くらいだ、とIOCにとって、ものわかりの良い

対応をしていたのでしょうか?

パンデミックのような予期せぬ非常事態

ですから、何が起きても開催するしかない

とするのは無理があると思います。

だから菅首相は、もはや政治銘柄となってしまった

オリンピックを逆手にとって、世論に先んじて、

いついつまでにこういう状況だったら、

人道的にも開催は難しいですよね、と

線引きをして、

契約上はどうであっても、平和の祭典が

人命より優先されてはならないですよね?

と、宣言をしてしまえば良かったと思います。

専門家会議などはそのためにこそ活用すべき

だったと思います。

感染者数や死亡者数に、独自の基準を設けて、

それを超えたら中止、それ以内に収まったら

開催できると決め、その判断の期限を切っておけば、

その決断に世界中の世論を味方に付けることもできた

かもしれません。世論が味方になれば、五輪の主力

スポンサー企業も味方につくかもしれません。

サンプル百貨店

なし崩し的に既成事実を積み上げる

いずれにしても、五輪代表選手がもう日本に

入国し始めていますし、聖火ランナーは

人目を忍んでいたのかは知りませんが、

存在感の無いまま、しかし着々と東京に

向かって聖火を運んでいます。

これを間際になって中止にしたいと言っても

もう後戻りできないところまで進んでしまっている

という状況なのかもしれません。

遅くとも3月いっぱいくらいまでに菅首相は

東京オリンピック・パラリンピックの

開催可否を、IOCが受け入れるかどうかは別

としても、日本の判断として宣言しておくべき

だったように思います。

それは、やりすぎでは?

驚いたのは、オリンピックを開催するのか

どうかという議論を差し置いて、

パブリックビューイングの会場を、木を伐採したり

して大掛かりにつくりはじめたというではありませんか。

サッカーやラグビーのW杯で皆が分かっていると

思いますが、スポーツは一人でテレビを見るより、

大勢で見た方が間違いなく盛り上がります。

逆に言えば、一人で見れば大人しく楽しめるものを

わざわざ大勢で見ることで、興奮させて、大声を

出させて、知らない人同士がハイタッチしたり

抱き合ったりさせようとしているとも受け取れませんか?

これなら、コロナ禍で潰れそうな居酒屋で

大人しくお酒を飲んで経済をまわした方が

感染拡大のリスクははるかに低いのではないでしょうか?

居酒屋など飲食店に給料稼ぐのを我慢しろと

生活の糧を止めておいて、その一方で人工的に

三密状態を促進するパブリックビューイングを、

これまた我々の税金を使って、勝手に公園の木を伐採して

つくっているという。

これはやはり、オリンピックのスポンサー企業

の広告宣伝にとって必要な演出になるのでしょうか?

こういうところに、不公平感、格差を感じざるを得ません。

スポーツイベントは健全で誰もが感動する大事なもので、

決して不要不急ではありません。と言われても

映画だって感動するし、居酒屋だって大事な場所です。

仕事上の問題や、人間関係を居酒屋で酒を酌み交わすこと

で良好な関係を築き上げたり、本音を言って打ち解けたり、

ましてや、人は職業によって生活費を稼いで

生きていかなければならないのですから、

誰かのさじ加減で、不要だ必要だと

自粛させられたり優遇されたりして、

他人に収入をコントロールされたくないですよね。

ずっと海外から人が出入りしている

自粛しなければいけなかった業種がある

一方で、日本にはインドやイギリスから

帰国する人が普通に入ってきて、変異株が

感染拡大しています。 法的権限のある

ロックダウンではなく、お願いでしかないから、

そうした海外との行き来は止められないのです。

そして米国は渡航禁止の最大レベル4に日本を指定

しています。でもなぜか五輪はやってもいいよと、

オリンピックの最大スポンサーの放送局NBCがいる

米国だけあって、のダブルスタンダードにも見えます。

そして、ここへきてちょっと深刻なのが、

マレーシアやベトナムの変異株です。

ウイルスもどんどん感染力を上げながら進化

しているのでしょうか? 日本は

ワクチンにおいて、五輪開催国とは思えないほど

遅れて今やっと打ち始めていますが、それは

これらの変異株にも対応しているのでしょうか?

もしウイルスが全然効かない変異株が急に入って

きて、日本で感染爆発して、それを選手たちが

各国に持ち帰って、広げてしまったら、

目も当てられません。開催するならするで、

覚悟を持って、IOCに振り回されるのではなく

自分達のこととして、日本主導で

しっかりコントロールの行き届いた大会

にしてもらいたいと思います。

まとめ

緊急事態宣言が延長されている最中で、

東京オリンピック・パラリンピック開催

に向けた動きが着々と進んでいます。

菅首相が中止と言っても開催は止められないのだと、

IOCは言います。確かに「開催都市契約」については、

何があってもIOCが損しないような契約内容

になっているのだろうと思いますが、

パンデミックの状況によっては、やっている

場合じゃないでしょう、ということも

考えられます。菅首相は、東京オリンピック

・パラリンピック開催に向けた感染状況の

合格ラインとなる指針を、3月末とかもっと早い

段階で世の中に打ち出しておくべきだったのでは

ないかと思います。

また、これほど三密を促す行為は無いのでは

と思える、東京五輪のパブリックビューイング

の会場の準備をスタートするなど、飲食店などへ

の自粛要請で収入が途絶えてしまっている人がいる

一方で、スポンサー企業の宣伝用なのか、

感染防止に逆行するパブリックビューイングの

準備をなし崩し的に進められてしまっている

ことに強い違和感を感じます。

マレーシアやベトナムでは、新たな変異株が

見つかり、約1か月半後の五輪開催時にどうなって

いるか予断を許さない状況の中で、国民の多くが

反対しているにもかかわらず、開催を強行

しているように見えますが、開催するならするで

覚悟をもって、IOCに振り回されることなく、

やれることをしっかり対策して、五輪をきっかけ

とした感染拡大のような、最悪の状況だけは

何としても避けてもらいたいものです。

-家族、くらし

Copyright© yu16sanブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.