気象と健康

Withコロナ時代の夏の過ごし方

更新日:

今夏は猛暑の予報

先日の気象庁の季節予報では、

今年の夏は全国的に暑くなるという予報で、

猛暑の傾向が指摘され、

早くも熱中症の注意喚起の報道などが目立っています。

そこで、今年の猛暑は、新型コロナにも気をつけなければならない分

これまでの夏と、どう違うのか?

どんなことに気をつけるべきか?

まとめてみました。

今年ならではの熱中症リスクとは?

以下の記事によると、今年ならではの熱中症発生リスクがあるといいます。

Yahoo! Japan ニュース 中國新聞デジタル

コロナ禍の夏、熱中症に注意 外出控え・マスク着用が発生要因に

https://news.yahoo.co.jp/articles/efc14d6ec6c15607a8ee8d5627ed06c673f21c56

まず、外出を自粛してきたことによる、

・体力低下

・外の暑さに体が慣れていないこと

そして、マスク着用による

・体内に熱がたまりやすい

・喉の渇きに気が付かず、脱水

上記のリスクが今年加わってきますので、

いつもより、さらなる注意、警戒が必要です。

また、生活習慣が大きく変化する中で、

アルコールの摂取が増えている人も多いようで、

お酒の飲み過ぎや、睡眠不足などの生活習慣の乱れも

熱中症を引き起こす要因となるので、注意しましょう。

対策としては、意識して水分補給をこまめにとること。

汗をかきやすい体づくり、適度な運動が必要ということです。

【グルコンEX錠プラス】

暑くてもマスクは常にするべきか?

3密の空間にいるときは、やはりマスクをした方が良いのでしょうが、

真夏にずっとマスクを着けっぱなしではきついので、

例えば3密ではない場所に移動するなどして、マスクを外すとか。

意識して、時どきマスクを外して、熱が体にこもらないように

調整してあげた方がいいでしょう。

あまり潔癖に考え過ぎるより、新型コロナと熱中症の

両者の兼ね合いで、ほどほどにやるのが良いのではないでしょうか。

学校の体育の授業では、熱中症が懸念されることから、

ソーシャルディスタンスを保ちながら運動するなど

工夫をして、マスクをしないでも良いとなっているようですね。

スポーツ庁政策課学校体育室
学校の体育の授業におけるマスク着用の必要性について

https://www.mext.go.jp/sports/content/20200522-spt_sseisaku01-000007433-1.pdf

しかし不特定多数の人で混み合う公園などを

走る時には、まだマスクが必要かもしれませんね。

熱中症にならない範囲内で、

お互いが新型コロナの感染リスクに配慮しながら、

運動を楽しむことが、熱中症にも新型コロナにも

負けない体力につながるのではないでしょうか。

熱中症の増える時期3つとは?

1.体が暑さに慣れてない5月頃

2.梅雨明け

3.8月の盛夏

3.の盛夏は、最も暑い時なので分かりますが、

1.と2.は、季節の変わり目や、

連日雨で気温が低かったところから、

急激に気温が上昇することによって、

暑さに慣れていない体が、びっくりしてしまうような、

そういう時期に、特に注意が必要だそうです。

日刊ゲンダイ ヘルスケア

熱中症が増えるピークは「5月、梅雨明け、盛夏」の3つ

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/273878

このタイミングで疲れが残っていたり、

体調が悪かったら、意識して休息しましょう。

ひざ・肩・腰のつらい痛みに。本気で治すなら医薬品【グルコンEX錠プラス】

「エアコンは換気できている」という勘違い

今はまだ、窓をあけていると、気持ち良い季節ですが、

猛暑では、エアコンに頼らざるをえません。

しかし、意外にも多いのが、

「エアコンは換気できている」という勘違いです。

SankeiBiz 

コロナ禍の熱中症対策 エアコン 運転したまま窓開けて

https://www.sankeibiz.jp/econome/news/200601/ecc2006010708002-n1.htm

私も、エアコンは室外機があるのだから、

当然室内の空気を換気できていると思っていました。

しかし、記事によると、ほとんど換気にならないようです。

今年はエアコン稼動時の3密回避も重要になりますので、

エアコンは運転しながら窓あけ換気が正解!

となります。

しかし注意点があります。

真夏に窓あけをすると、エアコンの効いた室内に

暑い外気が入ってきて、気温が上がります。

その時にエアコンの運転が強度を上げて

しまうと、電気代がかかってしまうので、

窓あけする前に、設定温度をあらかじめ少し上げて

おけば、運転の強度が上がりにくいということです。

最近はエアコンの電源をこまめに切るよりも、

つけっぱなしの方が省エネであるということが

分かってきていますので、

エアコンを稼働しながら、窓あけして

上手に換気しましょう。

シリーズ累計販売個数543万個!

まとめ

今年の夏は猛暑傾向という予報が出ていますが、

Withコロナ時代ならではの熱中症のリスクがあります。

新型コロナウイルスへの感染リスクに備えながらも

熱中症にならないように、気をつけましょう。

熱中症が増える時期、5月、梅雨明け、8月の盛夏に

特に気をつけましょう。

エアコンに頼る時期は、エアコンを稼働させながら

窓あけをすることで、上手に換気をしましょう。

-気象と健康

Copyright© yu16sanブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.