ビジネス

雇用の変化を捉える

更新日:

コロナ禍で雇い止め4万人超

新型コロナウイルスによる解雇、雇い止めが、

7月31日時点で4万人を超えたとの報道がありました。

朝日新聞デジタル 解雇や雇い止め、製造業が最多7千人に 宿泊業を抜く

https://www.asahi.com/articles/ASN855SW1N85ULFA00X.html

上記報道によると、解雇、雇い止めは

製造業が最も多い7,003人。次いで、

宿泊業(6830人)、飲食業(5595人)が続きます。

コロナ禍で、売れているものもありますが、

売れなくなってしまったものもあるので、

製造業といっても、何を作っているのかで、

明暗がくっきり分かれたのでしょう。

それにしても、宿泊業や飲食業を上回る

解雇、雇い止めが出ているとは意外でした。

製造業の中で売れなくなったものとして、

まずアパレル業界があるのではないでしょうか。

レナウン人員整理も希望退職集まらず

ダイヤモンドオンライン レナウンが希望退職未達で100人超を整理解雇、傘下ブランドはどうなる

https://diamond.jp/articles/-/244619

記事によると、

民事再生法の適用を申請しているレナウンは

希望退職者を募集しましたが、募集人数が集まりきらず、

100人超の整理解雇に踏み切ったようです。

何しろ、同じアパレル業界で転職しようにも、

コロナ禍で、アパレル業界自体が厳しい状況もあり、

さらにレナウンは比較的人件費が高い企業だったというのも、

待遇を下げたくないから、辞めない人が多かった

のかもしれませんね。

民事再生法ということで、事業を存続させる方向ですが、

スポンサー探しも難航しているということです。

そういう流れの中で、大手企業も従来までの

日本型の雇用形態を見直す動きが見られます。

クレカ不要!どこよりもプリペイドWiFi

KDDIジョブ型雇用へ移行

exciteニュース KDDI「ジョブ型移行」が暗示――“企業社会で居場所消滅するサラリーマン激増”の未来

https://www.excite.co.jp/news/article/Itmedia_business_20200804026/

今までの日本型雇用は、年功序列とか、

終身雇用とか、ずいぶん前から限界が来ていると

言われていました。こういったコロナ前から

放置されてきた課題が、コロナ禍で一気に見直さざるを

得ないというパターンは多いですね。

今まで日本の大企業では、数年ごとに色んな部署を少しずつ経験し、

社内を熟知したゼネラリストが出世してきたというのが

一般的な日本型雇用のパターンだったのだと思います。

しかしこれからは、「何ができるのか」が重視される

ジョブ型雇用に切り替わっていくということです。

世界のどんな会社へ行っても、

このジョブを自分にやらせたら必ず会社に成果を出します、

というプロフェッショナル人材が求められてくるということで、

このようなプロフェッショナルになれない、大半の人達は

給料を上げていくのが、とても難しくなっていくのでしょう。

ルイヴィトンもはじめた、ライブコマースとは?

その一方で、大企業など組織の恩恵にあずからなくても、

影響力のある個人が、インフルエンサーとして、

稼ぐことのできる領域がどんどん広がっています。

サンケイビズ 中国富裕層が国内にシフト 海外より便利・快適、高級品に勢い

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200730/mcb2007300700003-n1.htm

Eコマースの新たな形として、

「ライブコマース」という言葉をよく耳にするように

なっていますが、ご存知でしょうか?

「ライブコマース」とは、オンラインで、

インフルエンサーが、商品の紹介や試着する様子を

ライブ配信してくれる販売方法です。

ユーザー側からも質問や購入が即時可能で、

双方向のやり取りで得られる、特別な体験なども

魅力の一つで、既に中国では一般的になっています。

お店まで出向かなくても、

インターネット上で、実店舗でのような

接客を受けることができるという意味では、

WITHコロナの時代には、相性が良いでしょうし、

多くのファンを得ることができたインフルエンサーは

実店舗のカリスマ販売員でさえも、接客しきれない

ほどの膨大な人数に向けて販売できるのでしょう。

こういった部分でも、仕事の中身や

働くということの意味がダイナミックに

変わってきている、大転換期なのでしょう。

1日98円~利用可能! どこよりもプリペイドWiFi

まとめ

コロナ禍で多くの解雇や雇い止めが

起きています。意外にも宿泊業や飲食業よりも

製造業で最も多くの人数の雇い止めが発生している

ということで、厳しい状況がじわじわときています。

コロナ禍での相性もあり、業界ごと危機に瀕している場合、

希望退職など求められても、キャリアを生かした

転職も難しい状況です。

同時に、ジョブ型雇用を取り入れる企業も増えており、

これまでの、会社の隅々まで精通したゼネラリストが

出世できた日本型雇用が限界を迎えているようで、

そのジョブにおいては、世界のどこの会社でも通用する

プロフェッショナルにならないと、収入を上げることは

難しくなっている状況です。

しかし、影響力を持つ個人にとっては、

ライブコマースのように、Eコマースの

新しい発展形によって、個人としての影響力を

ますます多くの人に向けて発揮することが出来るようになり、

能力のある個人にとってはチャンスが広がっています。

-ビジネス

Copyright© yu16sanブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.