ビジネス 家族、くらし

2021年をヒット商品で振り返る

投稿日:

今年のヒット商品とは

2021年ももう残り1ヶ月を切りました。

今年の振り返りとして、新型コロナの

二年目突入や、そんな中で開催された

東京五輪・パラリンピックなど色々

ありましたが、今回は今年売れた

ヒット商品から、一年を振り返ってみたいと思います。

もう一ヶ月前の話で恐縮ですが、

日経トレンディが選んだ2021年の

ヒット商品ベスト30を取り上げたいと思います。

ちなみに、去年2020年のヒット商品をおさらいしたい

場合には、以下を参考にして下さい。


『ウマ娘 プリティーダービー』WINNING LIVE 01

2021年ヒット商品ベスト30

https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00549/00001/より

今年もやはり新型コロナの人々への影響は

大きかったと思います。

ランキングしたヒット商品のほとんどが

感染対策や、おうち時間のインドア

に関連した消費となっています。

コロナにダイレクトに関連するものとしては、

16位 くちばし型マスク

30位 ワクチンフィーバー

のあたりでしょうか。


KUCHIRAKU MASK (クチラクマスク) ホワイト 30枚入 ダイヤモンド型 くちばし型 メイクが付きにくい

進むスマホセントリック

私が注目したいのは、

あらゆるサービスがスマホに集約されていく

スマートフォン・セントリックがさらに進化して

いると感じるヒット商品です。

もはや、先端技術や流行についていけないおじさんですが、

こういったヒット商品ランキング上位に入るものは、

せめて後から知って、最低限理解しておきたいと思います。

1位 TikTok売れ  10位 VISAのタッチ決済

12位 格安越境EC 26位 後払い決済

上記は連動しているとも考えられます。

TikTokのような短い尺の動画サイトを

使って、インフルエンサーが様々な情報を

発信していますが、とくに音楽などは、

TikTokをきっかけに大ヒットするケースも増えているようです。

また、地球型の青いグミも、ビジュアル的に面白いと

大人気になり、食べると舌が青くなるなど、

一連の動作が注目を集め、多くの動画が投稿されました。

格安越境ECについても、越境ECのebay(イーベイ)

が運営する「Qoo10」というサイトが人気で、

アマゾンや、楽天などとは違った特徴で、

とにかく安く、頻繁に行われるタイムセールや、

ポイントなどの付与、共同購入の仕組みなど

ユニークなもので、まさにスマホさえあれば、

いつでもどこにいてもサクッと買物できるという

スマホ生活に適したものになっています。


trolli トローリ 地球グミ プラネットグミ1袋 94g 18.8g×5個入(中国生産)

日本のスマホ決済

そして、スマホ経由で買い物をすることを

とても容易にしたのが、決済サービスだと思います。

キャッシュレス決済の選択肢はどんどん増えており、

SUICAや、PayPay、WAON、など国内では熾烈を極めています。

そこにVISAカードが参入することで、一気に海外

でも使えるというグローバル感が増してきました。

日本でもスマホ決済が増えているという気がしますが、

実は先進国の中でも日本は現金の流通が最も多い国になります。

日本では誰もがクレジットカードを持てるし、

銀行はそこら中に不自由なくあり、現金も

非常に信頼できるものとして存在します。

現状にほとんど不満も無く、課題を感じにくいことから、

逆に現在の延長線上にはない、電子マネーや

スマホ決済のような新しいものが入ってきても、

銀行やカード会社が時間をかけて積み重ねてきた実績や信用が

逆に足かせとなって、新しいものへの移行がスムーズに進まない

要因になってしまうということです。

そんな日本と違って、海外では偽札が横行して現金が

まったく信用できない国とか、銀行強盗や、ATM機器の強奪

などが、頻発する国もあり、

日本人の想像以上に、ひどい問題を抱えている国があります。

しかし、むしろそういった問題を抱えた国の方が、

電子マネーが一気に浸透して、合理的に切り替わっていたりします。


キリン一番搾り糖質ゼロ350ml×24本

BNPLを握った会社が世界を制する

そして今後の世界の決済マーケットの鍵を握ってくるのが、

26位と微妙な位置にランキングをした

「後払い決済」サービスになります。

「BNPL(バイ・ナウ・ペイ・レイター)」という

直訳すれば、「今すぐ買って後で支払う」となります。

この後払い決済が今、世界では非常に盛り上がっています。

日本の場合は、クレジットカードで一括払い

にすれば、後払い決済と同じことと思う人が多いと思います。

BNPLとクレジットカードの主な違いとしては、

  • 分割払いでも手数料が発生しない
  • 与信審査の手間がかからない
  • 登録が簡単

という違いがあります。

クレジットカード会社の収益源の一つとも言える

分割手数料やリボ払い手数料などが不要となります。

期日までに払い終えれば、何回払いでも手数料が

かからないのがBNPLとなります。

かといって、回収できないといった信用問題も

対策ができており、審査がない分、最初の買物限度額が

少なく設定され、毎回の支払いをこなすたびに限度額が増えていく仕組みになっています。

これにより消費者側の買物の選択肢が広がることで、

加盟店側には新規客の獲得というメリットが発生します。

また、特にECサイトでは

いちいちクレジットカード情報を登録するのが

面倒で、買い物かごに商品を入れたまま

離脱してしまう顧客も少なくないようです。

そういった離脱客のロスが減って、新規客が獲得

できるのが、BNPLのメリットとなります。

日本ではクレジットカードを持たない若い人や

主婦層を中心に利用者が広がりを見せているようです。


不二家 カントリーマアム チョコまみれ 一袋13枚入り127g ×5袋セット

買物の概念が変わっていく

私のような昭和生まれからすると、

住宅ローンのような大きな買い物以外で

毎月定額で色んな支払いが増えてしまうと、

月にいくらお金が出入りしているのかが

つかみにくくなり、大丈夫なのか?と

心配になってしまいますが、

確かにわが家でもネットフリックスや

有料アプリなどサブスクリプションモデル

の買物が増えてきています。

スマホを介することで、利用者にとっても、

サービス提供者からしても、無駄なやりとりや

不正の入る隙もなくなり、決済のハードルが

どんどん下がっているのだと思います。

高額な買い物でも、月に千円、2千円ずつの分割なら

買ってしまえと、抵抗が無くなってくるかもしれません。

便利な反面、無駄遣いをしないように気をつけたいと思います。


【まるで生ジョッキのうまさ】アサヒスーパードライ 生ジョッキ [ 340ml×24本 ]

まとめ

2021年のヒット商品から今年を振り返ってみました。

新型コロナの影響からのヒット商品もまだ

相変わらずの強さを見せています。

また、スマホでの買物、スマホ決済に関連した

ランキングについて特にピックアップしました。

BNPL(バイ・ナウ・ペイ・レイター)

のサービスについて、今年だけでなく、来年以降も

どんどん進化して身近なものになってくると

思いますので、注目していきましょう。


TKS [日本製] ウルトラファインバブル シャワーヘッド ボリーナニンファプラス 公式限定 マイクロナノバブル 田中金属製作所 TK-7100-P

-ビジネス, 家族、くらし

Copyright© yu16sanブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.